珈琲はあなたをキラキラさせる。

珈琲を飲みながら大好きな街まで1人ドライブ。
必ずgood ideaと出会えるよ。
珈琲は飲んでも運転が許される、あなたをキラキラさせる唯一の御飲み物です。

僕のお気に入りは四国中央市川之江町。
湾岸線の眠らない工場摩天楼、企業城下町だぁー。
エネルギッシュな労働と生産性☝️
確かにそれが正しい雰囲気だけど、
僕には魔性生を秘めた魅惑の不夜場におもえる。
労働、生産、ギャランティー、外貨、非公開、貴賓室、VIP、ストイック、シェルター。
夜景みてるとワクワクする。
なんだろうこのトキメキは、、、。
あはは(笑)僕、珈琲でラリってないからねーw.

#高松市北浜町
#fujicafe1977
#BLUESPOON北浜店
#自家焙煎珈琲豆
#テイクアウト珈琲
#四国中央市川之江町

泣きそうになる位に会いたい奴ら。

泣きそうになる位、会いたい奴ら。
いますよぉーーねっ?
ただ今、向かいのレグザムホールでは、
八代亜紀さんがライブ公演中🎤
♬お酒はぬるめの燗がいぃー🎶
舟歌の歌詞に出てくる「だんちょうねーー」
は、「断腸の思い」からきているそうです。
はらわたが引き裂かれる程、辛く苦しい状態。
恋愛、別れ、転職、人生に思いを馳せて呑む酒かぁー。
八代亜紀さんは映画トラック野郎に出演したイメージから運転手さんの車内歌だそうです。
きっと八代亜紀with珈琲で日本を縦断したんだろうなあー。
🎶珈琲は熱めの缶がいぃー♫
僕もドライバーさんを応援しています。

#高松市北浜町
#fujicafe1977
#テイクアウト珈琲
#サイフォン珈琲
#ドライブ

ガテン系のコロンビアブルボン🇨🇴

午後3時の北浜町Fuji Cafe 1977だす。
夕陽まであと3時間。
北風も仕事もラストスパートやね。
今日の珈琲は、コロンビアブルボン。
冬バテの身体に沁みるぜーー。

#高松市北浜町
#サンセットビュー
#ベイサイド
#仕事人
#リラクセーション

銭湯珈琲牛乳

湯上りコーヒー牛乳w
仁王立ちが鉄則ですね。
お湯は熱いし、メタポ腹は怒られるし、最高だあー。

缶コーヒーと尾崎豊さん

真冬の1人ドライブ、大好きです。
空気が澄んでるから寒いのもキライではない。
僕は、あったかい缶コーヒーを買って、
無意識に耳にあてていました。
尾崎豊さんの「15の夜」を思い出す夜です。
今日はバレンタイン、格好悪い上等w.
正直に行けよw.
オリオン座が少し傾いたら冬もラストスパートやね。

毎日飲める価格で

coffee with トータルワーク
どの場面でも毎日でも飲める価格
「あはは、ハズレ馬券蹴散らして、ヒーコー飲もうぜw」
「大丈夫👌財布にパチンコ玉で、バク運あがるよw」
I take you rich county.

#高松市北浜町
#自家焙煎珈琲豆
#Fuji Cafe 1977
#エンジニア
#仕事人
#サイフォンコーヒー

半ドン

半ドン?
1960年代の俗語かな?
→1977のFuji Cafe、僕の半ドン御飯はイタスパでした。
ZONDAG(ドンタク)はオランダ語で日曜の意味(^^)
オランダ→長崎→官公庁→学校→土曜→午前中授業で午後は日曜→半分ドンタク→半ドン
我家のイタスパは、
赤ウインナーが効いてて、ヌードル多め、オイリー🤞
フニャデンテな概念を疑わなかったなぁー。
汁だくの明星焼きそばと御飯もはずせませんww

節分から立春へ転轍

節分から立春へ、この時間の更新は年越じゃなくて、
銀河鉄道999が軌道を替えて旅立つ様なイメージです(照)
冬から春への分岐はシンクsunriseの様で特別(^^)
僕は嫌な思い出をこのタイミングでバイバイします。
立春の特売は北浜リカバリーブレンド100g360円🤞
当店の焙煎担当は野球部出身の25歳、フレーッシュ✌️

プロフィール

ふじむらくん

Author:ふじむらくん
こちらは高松市北浜町15-11
サンセットが綺麗なフェリー通り。
遥か1977年、この場所には
FUJIと言う茶店がありました。
実は私達は、
その茶店の長男と次男です。
この度、
Fuji Cafe 1977を兄弟で
担当させて頂きます。
遥か1977年、
電飾ギラギラのケバい時代、
当時の私(弟)は小学2年生。
お客様の珈琲ライフと共に
この海町で育ちました。
その経験から感じていた事、
それは???
「珈琲には、
人に作用する不思議な力と
役割があると言う事」

運転手さんや技術者さんの
ブラック珈琲。

深夜ラジオと宿題と
甘~い珈琲。

トーストを珈琲に
ドボンのおばあちゃん。

僕の大好きな銭湯の
湯上がり珈琲牛乳w.

うんうん!
今も変わらず心にインスト
されているあの頃の味(笑)
きっと、
あなたのお母さんや大切な
人が作ってくれた珈琲が、
あなたにとってはベストなはず。
どうぞ当店へは、
肩の力を抜いてお越し下さい。
ブラックでもwith砂糖ミルクでも
お好きな飲み方で心をリカバリー。

facebook

facebook.jpg

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター