−3度ツアー

−3度ツアー、準備は珈琲、BGM、冬タイヤ、タオル!
真冬に1人のナイトドライブ、
気が付けばヒューマニティーがライドしています。
ヒューマニティー?あっ僕流に翻訳したら人情デス人情w
あはは✌️

ドラマティック

真冬の休日、朝風呂は最高です。
湯船に珈琲を持ち込んで、ふーふーしながら、
浴室に広がる珈琲の香りと御行儀が怪しい自分w.
珈琲が身体を温めるのか冷やすのかは対極ロンだけど、
間違いなく心はホットする時間と憎めない自分。
ドラマティックな冬バージョンⅡ、始まるよ。

マンデリン

Fuji Cafe 1977 2018年1月12日 12時15分開店
同じ時代の同じ時間、一緒に飲むマンデリンG-1

もくてき別で、カフェ・オ・レ用豆を選ぶ

もくてき別で、カフェ・オ・レを選ぶ

独りリラックス、深呼吸、カフェ・オ・レタイム→アロマ
勉強中、会議中、仕事中、〜ながら→ダーク
独りリラックス&〜ながらを無難にカバー→リバーシブル

カフェ・オ・レ専用のコーヒー豆

カフェ・オ・レ専用珈琲豆は3種類です。
是非ぜひ試してねーーーー。
カフェ・オ・レアロマ 100グラム 390円税込
カフェ・オ・レダーク 100グラム 310円税込
リバーシブル・オ・レ 100グラム 360円税込
冬は甘いもので仲良くなっちゃって下さいw

猛暑日はよ来い

昨年X'masから今年正月の通し営業を経験しております。
せめて寒さに対してはガンバやねーwww
昔の話だけどネムネムな寒い夜、ふと閃いて
自宅の湯船で呑んだ事があります。
ホワイトリカーのホット珈琲割り、オリジナルでした。
味とかの細かな記憶は遠いけど、寒い夜に思い出します。
あの頃のオバカな自分と待ちわびてます。
猛暑日はよ来い!

プロフィール

ふじむらくん

Author:ふじむらくん
こちらは高松市北浜町15-11
サンセットが綺麗なフェリー通り。
遥か1977年、この場所には
FUJIと言う茶店がありました。
実は私達は、
その茶店の長男と次男です。
この度、
Fuji Cafe 1977を兄弟で
担当させて頂きます。
遥か1977年、
電飾ギラギラのケバい時代、
当時の私(弟)は小学2年生。
お客様の珈琲ライフと共に
この海町で育ちました。
その経験から感じていた事、
それは???
「珈琲には、
人に作用する不思議な力と
役割があると言う事」

運転手さんや技術者さんの
ブラック珈琲。

深夜ラジオと宿題と
甘~い珈琲。

トーストを珈琲に
ドボンのおばあちゃん。

僕の大好きな銭湯の
湯上がり珈琲牛乳w.

うんうん!
今も変わらず心にインスト
されているあの頃の味(笑)
きっと、
あなたのお母さんや大切な
人が作ってくれた珈琲が、
あなたにとってはベストなはず。
どうぞ当店へは、
肩の力を抜いてお越し下さい。
ブラックでもwith砂糖ミルクでも
お好きな飲み方で心をリカバリー。

facebook

facebook.jpg

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター